シェアハウスのコンセプトは、最近日本でも一般的に知られるようになりましたが、カナダでのシェアハウスと日本のシェアハウスでは何が違うのでしょうか?
またカナダの住宅事情全般についてもお教えします。

最近では日本でも流行りのシェアハウス。テレビ番組などで、認知度もあがりましたね。

カナダでもシェアハウス、シェアルームは昔から学生を中心に人気の居住形態で、今でもたくさんの物件がシェアハウス、シェアルームとして利用されています。

オープンハウス

数人で一軒家の住宅を借りてシェアハウスをしている場合もありますし、2,3人でマンションの部屋を借りてシェアルームをして生活している人も多いです。

もちろんシェアの最大のメリットは家賃が安く済むことですが、その点、キッチンやトイレ、お風呂が共有という場合が多いので、神経質な人や潔癖な人にはあまりおすすめできません。

ただ、カナダの住宅には寝室が3部屋以上、日本でいうところの3LDK以上の住宅には、トイレやユニットバスが共有のもの1つではなく、
それ以外に1寝室の中についていることもあるので、他人とシェアしなくいていい場合もあります。

海外、特に広大な土地をもつカナダの住宅は一般的に日本の住宅に比べ大きいです。
また、郊外に行けば行くほど一軒家は広く大きなものになります。

郊外に住むとなると、車がないと生活しづらくはなりますが、特に小さな子供がいる家族は郊外に一軒家を買う家族が多いようです。

または、初めからホームステイや部屋の貸し出しするつもりで大きな住宅を購入する人もいます。

それゆえに、貸し部屋にはプライベートの入り口があったり、プライベートを確保することのできる家の造りになっているケースも多いです。

都市部においてはやはりマンションが多いですが、一軒家についても、2世帯、3世帯住宅といった造りの賃貸用の一軒家も多く存在しますし、タウンハウスと呼ばれる集合住宅もあります。
この場合も各自に専用の入り口があり、生活習慣が違えば同じ家に住んでいても顔を合わせることさえない日もあります。

バンクーバーではここ数年、不動産の高騰がよくニュースになっています。
外国人富裕層による買い占めなどの問題もあり、地元民から迅速な法整備が求められています。

またこの状況に伴い、賃貸住宅問題も出てきており、住宅契約の際には細心の注意が必要です。

オンライン上の契約による詐欺の被害も多数報告されています。

物件を実際に見てからの契約が一番ですが、そこまでしても安心できない巧妙な手口のものもあります。
実際に入居しようとしたら、そんな住宅は存在しなかった、実は他の誰かがすでに契約している物件だったなどいうことの内容、住宅契約の際にはくれぐれも気を付けましょう。