カナダは世界でもいち早くLGBTコミュニティの認知に取り組み、法制度を整えてきた国の一つです。カナダに比べると、まだまだ認知度も法整備の遅れている日本。
カナダの取り組みを知ることで、日本での取り組みを考えるいいきっかけになるかもしれません。

最近では日本でもよく知られるようになったLGBTというワード。ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、性同一障害などの性的少数者を示す言葉ですが、
カナダはこれらの問題にも、世界の中でも比較的早い段階で対応してきた国です。

ゲイパレード

2005年にはカナダ全体で同性婚が認められましたし、それ以前からコモンローと呼ばれる法律を作り、同性の事実婚を認め、結婚と同様の権利を保証していました。
現在では、世界で最も同性結婚への障害の少ない国の一つとも言われています。

カナダの様々な都市では、認知を広めるためのパレードが毎年盛大に行われ、プライド・パレードという名前で親しまれています。

パレードの時期が近づくとLGBTコミュニティの象徴である虹色のデコレーションでストリートが埋め尽くされます。パレード当日にはは当人達だけでなく、地元企業や労働組合、学校、政治家も参加する都市をあげての一大イベントと認識されています。

最近の印象では、むしろ参加しない企業や団体のほうが、むしろ排他的というレッテルを張られそうな勢いです。

今年のバンクーバーでのプライド・パレードには、ジャスティン・トゥルードー首相も駆けつけました。奥さんと小さな子供たちを連れてパレードに参加したことで、地元では例年以上に盛り上がりました。

特にトロントやバンクーバーと言った都市では、LGBTはコミュニティの一部として一定の市民権を得ています。街を歩けば同性カップルが手をつないで歩いていたり、キスをしていたりすることも日常茶飯事です。

中にはLBGTの出会いの場として知られるクラブなどもあり、週末の夜には盛大に盛り上がっています。
これらの都市で生活をしていると、LBGTの人と知り合うきっかけは日常生活の中にありますし、自然な流れとして友達になることも決して稀なことではありません。

もちろん、全く偏見がないと言えば嘘になりますし、カナダにもまだまだ課題はあります。

しかしながら、日本のLBGT認知度に比べると、カナダは大変進んでいると思いますし、環境的にも、法的においても、
LBGTの人たちにとってカナダは大変住みやすい環境であると言えると思います。
これはカナダの多文化主義の理念に通ずる点があり、少数派を排他しない、基本的人権の尊重の原則の表れとも言えます。

日本は小さな島国の為、どうしても少数派に対して排他的になりがちです。時として、人間らしく生きる基本的人権が危ぶまれることさえもあります。

LGBTの問題は人間が人間らしく生きるという原点を見直し、問題提起となる事柄かもしれません。
グローバル化の進む世界の中で、日本はどのようにこの問題に取り組んでいくのでしょうか?